わるくない。


by moriwo27
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ダイビングの次は、スカイダイビングがしたかったので、
仕事で知り合った友人と3人で行くことに。

ググってみると、九州には体験スカイダイビング
をできるところがないことが判明。

で、どこでやるかと言ったら、「但馬空港」・・・・
兵庫県の山奥空港である。
「こうのとり空港」と言ったネーミングで、
一日に2便のみ、伊丹間を往復しているらしい。
頻繁に幸せを運ばないと、過疎化してくよと思いつつ、車で向かう。

二人は土曜日も仕事なので、土曜日の夜から出発する。
博多から8時間かけて、但馬空港到着。
到着時刻は朝5時。
さすがにだるい。

仮眠後、勝負のフライトがやってくる。
一人目は難なくダイブ完了。
降りてくると、笑顔が止まらないらしい。
笑顔の理由(わけ)は「行けばわかるさ」という猪木バリのコメント。

とうとうおれの番になり、
プロペラ機に乗り込み、インストラクターの人と体を固定される。
二人しか乗れないプロペラ機にぎゅうぎゅう詰めに乗って、
さて、エンジンをかけて出発だ。

っていい感じのところで、エンジンがかからない。
かかったと思ったら、すぐにエンジンが止まる。
悪戦苦闘するうちに10分経過。

あせる俺。
高まる鼓動。
空への憧れ。

プライスレス。

って、プライスは5万円だっちゅーの。

それはそうと、悪戦苦闘しているうちに
DONDON空が曇ってくる。
雲が覆いかぶさってくる。

雲がかかっているとプロペラ機から着地地点が見えず、
危険なので飛べないらしい。
その日発生していた雲は低く、連続していて、たちが悪いらしかった。

そのまま、
まさかの、
時間オーバー。

そして、おれは但馬に行って、但馬牛の牛丼と
インストラクターの小話と
ちょっとしたスカイダイビング前のドキドキを味わうのみで、
飛んでもない。

そして8時間かけて帰路につく。
家に帰ったのは、24時。

飛べない豚はただの豚だ。
おれは豚でもない。

次回は是非。
[PR]
# by moriwo27 | 2007-07-28 16:01 | お宅も是非
食べ物の中で、何が一番好きかと聞かれると、
ものすごく困る。

食べ物って一口に言っても、
ハンバーグやカレー等といった具体的なメニューから
イタリアンやフレンチといった大きなくくりや、
果物やスイーツといった、それもありかよと思うようなものまで色々答え方がある。

だいたい、ぱっと思いついたものを適当に答える。
だいたい何を答えてもそこそこ話は膨らむが、
(そうそう、○○の焼き鳥はおいしいよな、とか
 今度ラーメン○○食べてみてや、めっちゃうまいから、とか)
答えていてなんだか違和感がある。

おれは果たして「もつ鍋」が一番好きなのかと。
「コロッケ」を毎日食べても飽きないのかと。
いや、毎日食べても飽きがこない「パン」が一番好きではなのかと。
でも、たまに食べたくなるなる「ケンタッキー」も好きだ。

つまり浮気性だ。

しばし考えた結果、
そうだ、おれが一番よく食べているものこそ、
一番好きなものではないかという考えにいたる。

そうなると、完全にセブンイレブンのツナマヨネーズ「おにぎり」か
「カロリーメイト」フルーツ味だな。
しかしながら問題がひとつ。
この答えはあまり話が膨らまない。

ので、「おにぎり」か「カロリーメイト」だなと思いながら、
話が膨らむような、ありきたりの答えを今日の飲み会では
演じることに決定。

お宅も是非。
[PR]
# by moriwo27 | 2007-07-21 15:35 | お宅も是非
2度あることは3度あるとよく言うが
それならば、1度あることは2度ある可能性も結構なものだろう。

ましてや、高速道路上でアクセルが効かなくなる ことぐらい…
2度目があってもおかしいことではない。

時は2月27日水曜日。
事件の起きた場所は・・・山川!!
じゃなくて、今度は長崎自動車道。

前日に長崎担当の特権であるらんたんフェスティバルで遊び、
さあ、翌朝8時発で熊本に移動する途中での出来事。

いつものように高速を120kmで飛ばしながら
長崎ICを通過し、20分が過ぎた。
イヤホーンマイク(運転しながら電話するようの手ぶら電話システム)を使用しながら
うちの課長に電話をしていたところ、その事件は再び起こる。

突然の「ピー」という音が車の中に響き渡り、
アクセルを踏んでも案の定反応がない。
メーターの部分に今までに見たことのない、変なランプが点灯している。
(後に判明したのだが、エンジン警告灯)
2度目ということもあり、その後の対応は慣れたものだ。

アクセルを踏んでも意味がない今、
出来ることはニュートラルにしてハザードをたきながら
「惰性」で進むのみ。
慣性の法則を信じ、タイヤと地面の摩擦力と傾斜さえなければ
永遠に進み続けることを信じる。

まぁ、無常にもDONDON減速していく。
とりあえず冷静になりながら、その時電話していた課長に現状を伝える。
「課長、今高速道路を運転しているのですが、またアクセルが効かなくなりました!!!」

課長に報告したところで、どうなるってことないのだが、
一応’報連相’は基本と思い、報告してみた。
すると課長からは思いもかけない言葉が返ってきた。

「運転しながら電話しちゃダメだよー」

まさかと思うがその言葉、実際に発された言葉だ。
2度目だというものの、もうちょっと心配してくれてもいいんじゃない?
生きるか死ぬかを争っている時に、その言葉は少しウケた。

もういいやと思い、
「すんません、また後で掛けなおしますね」
と言いつつ、どうしよ、おれ。

時速120kmあった時速は今や40km。
どうやって逃げるかと考えながら走行する。
その時、神は再び現れる。

「大村ICまで1km」

逃げ切れる。
このまま行けば逃げ切れる。
チベットの神様はまだおれの味方だ。

なんとか無事ピットインでき、
ICを通過した後にストップする。
ETCじゃなかったら、出口で止まってただけに、
今回ばかりはETCの恩恵に与った。

あとは、以前と同じ対応をすればよいので
慣れたものだ。

もう2度とこの車には乗らないと決め付け
新しい車にはFMとCDプレーヤーが付いてたらいいなと
思えるおれのポジティブさに万歳。

でも、○産フィナンシャルの電話対応も・・・
気に食わない。
[PR]
# by moriwo27 | 2007-03-04 01:12 | 気に食わない

無意味な機能

初期のファミコンで、ドラえもんを呼ぶ時にしか使わないマイク機能のように、
意味のないのに付随している機能って多く存在して、
そんな機能を発見すると、無性にわくわくする。

おれんちの実家のウォシュレットには
熱風乾燥機能が付いている。
しかーも、熱風の温度調節付き。

ウォシュレットを使用した後の水の濡れ具合からして、
熱風乾燥機能だけで果たして乾くかという長年の疑問について、
遂に実行してみた。

30秒経過したものの、乾く気配はない。
1分経過時点でケツがDONDON熱くなってくる。
ケツと相談した結果、2分で諦める。

結論として、熱風乾燥機能だけでは乾かない。
要は、ティッシュで水を拭いた後、最後まできっちり乾燥させたい人
の為だけにあるマニアックな機能だと再認識する。


おれんちの実家にしまってあった野球帽には
白いメッシュの太陽よけ?みたいのが内蔵されている。
それを使ったことは数度しかなく、効果はほとんどなかったと認識している。
当時、ほとんどの野球キャップには内蔵されていたものの、
それを使っている奴を見たことはほとんどない。

昔少年野球をしていた頃、
コーチに白いメッシュの使い道を聞いたことがある。

「光化学スモッグの時に使う」

確かに吹田市は光化学スモッグ注意報がよく出たが、
どうやって光化学スモッグから、あのしょぼいメッシュごときで
目を守るのかはを当時のおれはわからなかったし、
今でもわからない。
ただ、今の野球キャップにはあの懐かしい白いメッシュは付いていない。

時代が変わると共に、人も物も環境も変わる。
ひょっとしたらあの当時は熱風乾燥機能も、
白いメッシュのサングラスも必要だったかもしれない。

久々に実家に帰るのはいいことだ。
様々な思い出と憶測と妄想を膨らませてくれる。

お宅も是非。
[PR]
# by moriwo27 | 2007-02-17 17:02 | お宅も是非

大は小をかねる??

大きいことはいいことだ。
基本的にそう思ってた。

小さい鞄に物が入りきらない時。
アクエリアスの360mlを飲み干して、まだ喉が渇いている時。
でかいスクリーンで映画を見る時。

そしてハンバーガー食べた時、
口の周りに必ずソースをつけてる友人を見た時。
(そう、そこの○手君のことですよ)

そういうおれもハンバーガーもしくはホットドッグ等を食べた場合、
口の横にソースもしくはマヨネーズもしくはケチャップが付くことがある。
そしてもしも付いている時は、なぜだかわからないが違和感を覚え、
口の周りを拭う。
なんとも言えない違和感がそうさせる。

おれの友人○手君は、毎食、毎口、
必ず口の周りにソースをつける。
つけてしまう。
彼の小さい口がそうさせる。
いざなう。

それを見るたびに、口が大きくて(普通で)よかったと感じる。

しかし、彼をもう少し注意深く観察してみると、
どうやら口の周りにソースがついていることに気付かないみたいだ。
毎回口の横にソースをつけてしまうため、
半ば義務感で口を拭いている素振りが見受けられる。
もしくは皆の視線を集めて、初めて気付くみたいだ。

つまり、その嫌な違和感を感じないですんでいるということだ。

これはうらやましい。
もしも小さい口であるが為にちょっとのソースじゃ動じない感覚を持つことができたのであれば、
小さい口もまんざらではないと思う今日この頃。

悪くない。
[PR]
# by moriwo27 | 2006-11-18 01:15 | 悪くない
いつも楽観主義者で、
物事は基本的にうまくいくものだと思っているが、
たまには「最悪の事態」ってやつも考えないこともない。

車に乗ってても、
「もしもブレーキが効かなくなったら」どうしようか対処法とか考えたりする。

ギアを落として、ハザードをたきながら、サイドブレーキを徐々に効かす。
そんな余裕がない場合や、坂道の時とかは、ガードレールにぶつかりながら
速度を落とすシュミレーションまでする。

そして、ついにその場面が到来した。
しかも予想だにしないハプニング付きで。

場所は九州自動車道。イッツマイウェイ。
120kmで右車線を爆走中。
「あー、遅くなってもうたー。
 早く帰って仕事たまってるの処理せんとなー。」

と福岡に帰る途中に、そのハプニングは起きる。
加速しようとアクセルを踏んでも反応がない。
「おれの足疲れてきたかー。」ともっと踏み込む。

反応なし。

一旦、アクセルを離し、もう一度踏み込む。
依然、反応なし。

後ろに車がいないことを確認して、セカンドにしてアクセルを踏む。
依然、反応なし。

おっと。
これはどうしたものか。

キックダウンまでベタ踏みなのに、反応がないことと、
どうやらこの症状は一過性のものではないことから判断すると、
もうアクセルは使えない。
この時点でおれの選択肢は一つに絞られた。

「惰性ですすむ」

物理で習った慣性の法則を信じながら、
タイヤと地面の摩擦をこの際無視できるものと考えたが、
悲しくも現実は厳しく、DONDON減速。

もちろんハザードを出して、左車線に寄ってはいるものの、
後ろはDONDON詰まっていく。
というか抜かされていく。

120kmあった速度はみるみる60kmまで減速。
この時点で、車が止まった時のことを考えだす。
「飛び降りて、発炎筒と目立つものを振りながら、
 二次災害を防ぐがごとく追突がないように動くぞ。
 しかも携帯電話で会社に連絡をとりながら……・」

その時、天使が舞い降りた。
チベットの神様が見えた。

標識:「山川SAまで1km」
山川SAなんて一回も寄ったことがなかったが、
これから毎回寄ります。
と思いながら、なんとか時速50kmでピットイン。

九死に一生を得た気分で
会社に一通り説明した上でJAFを呼ぶ。
JAF待ちの間に、SAの久留米ラーメンのチャーハンセットを食す。
冷凍もの(その中でもかなり低グレード)を解凍しただけのチャーハンだったが、
この際、なんでもうまく感じたし、
今度も寄って食べようと決めた。

食堂のおばちゃんの笑顔。
スポーツ新聞は常時完備。
チョコレートは夏場、売ってません。

「山川SA」

悪くない。
[PR]
# by moriwo27 | 2006-09-30 11:07 | 悪くない

コンビニおにぎりの変遷

2001年3月

コンビニで売られているおにぎりの海苔の
端が切れて悲しい思いをする問題が、
解決の糸口を見せないままだった。

おにぎり開発者は、あせった。
このままではおにぎり離れが進んでしまうのではないかと。

2001年5月

上からビニールを引き抜く方法(おにぎりQ方式)をやめ、
センターから縦にヒモを引っ張ってビニールを縦に分断した後に、
両サイドのビニールを取り除く方法を考案した。

それでも海苔は、ビニールの中に切れて残った。

おにぎり開発者はあせった。
このままではおにぎり離れが進んでしまうのではないかと。

2003年10月

自称「おにぎり屋」と称するローソンがうってでた。
おにぎりの前面改革。
今まで、「海苔はパリパリでなくてはならない」
といった既成概念を打ち破るがごとく、
海苔巻き状態のおにぎりをパッケージング。
もちろん海苔は、湿気を含み、フニャフニャである。

ライバル会社は、思った。
ローソンは、失敗したと。
おにぎり屋の、崩壊だと。

2004年8月

発売当初から、海苔巻き状態のおにぎりはヒットを飛ばしていた。
消費者は縦にパッケージを破るだけで取り出せる簡便性と、
もはや海苔がちぎれて悲しい思いをしなくていいという理由から
ローソンのおにぎりを買いあさった。

おにぎり屋は、
おむすび屋へと変遷をとげた。
もはや海苔はパリパリである理由が
なくなった。

2005年9月

コンビニおにぎりのもう一つの問題である、
具が中心に集中していて、
具にたどり着く前と、具を食べてしまった後には、
白米だけを食べなくてはならない問題が再浮上。

緊急対策本部が設置され、問題が掘り下げられた。
「白米だけでは喉がつまる」と。
「パンのミミを食べ残すように、白米だけの部分は捨てられてしまうのでは」と。

ある、新人開発者がつぶやいた。
「全部混ぜ込んでしまえばいいのに・・・。」

「それだ!!」
指揮官は叫んだ。
道は、開けた。
後は進む、だけだった。

●いやー、最近、海苔が直接巻いてあるおにぎり多いっしょ。
 そして、混ぜ込んだタイプのもの(鮭わかめとか鳥釜飯とか)多いっしょ。
 海苔、巻いてないのも多いっしょ。
 なんでかなーって長崎と熊本を長時間ドライブしながら妄想してました。
 
 お宅も是非。
[PR]
# by moriwo27 | 2006-09-17 01:41 | お宅も是非
●おれ、ベッドがあるくせに床に布団を敷いて寝る。
 ベッドの上には何も置いていない。
 ベッドで寝るとなぜか腰が痛いので。
 そして落ちたら痛そうなので。
 
 ベッド捨てろよって話。おれだけじゃないよな。


●おれ、毎朝シャワーに入る。
 なんでかというと、寝癖がひどいから。
 髪の毛が剛毛なせいで、髪の毛を全部濡らさないと収まりがつかない。
 どうせ朝に全て髪を濡らすのなら、朝シャワーに入ればいいかと。

 おれだけじゃないよな。 

●おれ、歯医者さんの「痛い時には右手を挙げてください」
 に応じれたことがない。
 3回行ったけど、しみた時は、「あ゛ーあ゛ー」って声を発する。
 その後に、「あ、右手挙げるんだった」と気付く。

 クールに右手を挙げることできる人なんてそんなにいないよな。

●おれ、座って用をたす。
 大小かまわずにしゃがむ。
 
 って、おれだけ?

●おれ、定期的に足の爪がはがれる。
 そしてはがれた下にはすでに新しい爪が生えている。
 
 すごい代謝力。そして生命力。まさかおれだけじゃないよな。

お宅も是非。
[PR]
# by moriwo27 | 2006-07-22 22:22 | お宅も是非

睡魔との闘い方

最近寝不足のせいか、運転中に時に眠くなる。
ほとんど毎日300kmくらいは走行するため、
睡魔との闘いが日課といっても過言ではない。

ワイパーがむかつく。

おれが眠い時にはまぶたを閉じる方向にへといざなう。
ワイパーの速度って、下に下がるときの方がゆっくりではないのか。
まぶたを撫でてるよに思える。


眠眠打破が効く。

30分後に効くらしいから、30分効きだすまでのタイムラグが問題。
しかし効果は絶大。
そして若干テンションまで上がってくる。

歌でも歌うか。

最初は好きなアーティストの歌を熱唱するものの、
その後に、自分で作詞作曲した適当な歌を歌う。
本日は「ちゃんぽん麺の歌」を作ってみた。
かなりの出来で売れる気がする。
2曲目には「九九の替え歌」を作成。
やばい。

ミンティアの辛いやつ好き。

効く。鼻がスースーする。
しかしながら、一箱食べると危険。吐き気をもよおす。
上あごと唇の間にキープするのと舌の下に入れるのがポイント。

あー、それでも眠いときはどうしたらよいのか思案中。
いい案があれば、お宅も是非。
[PR]
# by moriwo27 | 2006-07-21 23:45 | お宅も是非

歯医者と唾液のお話

最近、人生で初めて歯医者に行った。
今まで生きてきた中で、特別小まめに歯を磨いていたわけではないのに、
不思議なほど虫歯にならなかった。

虫歯にならなかった原因は明らかであり、
おれの口の中にふんだんに存在する唾液のせいである。
少人数にしかまだ披露していないが、
おれは唾液腺から直接唾液を飛ばすといった芸を持っている。

その芸に気付いたのは、
あくびをした時だった。

前々からおかしいと思っていたがそれが確信にかわったのは
中学生の勉強中だった。
勉強中に眠くて、ふと大きなあくびが出た。
そして、再び勉強に戻ろうとノートを見た瞬間、
ノートに細かい水滴の痕が10個ほど。

これはなんだ??
と思いながらよく観察すると、水滴はまだノートに浸み込んでいく過程だった為
恐らくごく最近ノートに付着したものらしい。

よくよく自分の直近の行動を思い出して見ると、あくびしかしていないことに気付く。

もしや…

手鏡を覗きつつ、自分の口の中を見てみる。
唾液はどこから出ているのかなんて意識しなかったのに、
初めて意識する。

ベロの下からだ。
奴はベロの下から飛び出している。
そしておもむろにベロに力を入れ、唾液を分泌させてみる。
仮説は一気に確信へと進化する。

濡れる手鏡、
広がる唾液、
そしてそれを数える俺。

手鏡を持ったまま、奇妙な空間で小躍りしたいような発見と共に
どんどん興味が沸いてくる。

酸っぱい物を想像したらどうだろう??
結果は、
レモンと梅干の効果はテキメンだということに気付く。


歯医者に行って、
「はい、じゃあ口を空けて下さい」と言われたその時
ふと不安がよぎる。
「口を空けたまま、唾液を飛ばしたらしゃれにならん」

美人の歯医者の前で
必死でこらえていたせいで顎と舌が疲れた。
苦々しい歯医者初体験。

お宅も是非。
[PR]
# by moriwo27 | 2006-07-02 14:23 | お宅も是非