わるくない。


by moriwo27
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ウシナッテ・ハジメテ・キヅクコト

ツノをつけて、暴れ牛のポーズをして、四つんばいになったら
「あー、牛の目線はこんな感じなんだな。以外にツノも視界に入るんやな」
とはじめて気付いた。

それは「ウシニナッテ・ハジメテ・キヅクコト」!!!!\\(・。・)

ノリつっこみ失敗。。。

じゃなくて、今回は「失って初めて気付く事」をテーマにする。
なんでこんなテーマを選んだって?それはあとからおいおい説明する。
(↑最近山すけにウエストゲートパークを借りたから表現をパクってみた)

陸上で生活することが当たり前になっている現状で、
「あー、酸素って本当にすばらしいですねー」とは思わない。
しかしながら、水中で息を止めて魚を見ていると
そのうち息苦しくなってあがってしまい悔しい思いをする時は、
陸上で酸素がありふれている素晴らしさを実感できる。
水中では(酸素が得られない状態では)魚を凝視することすら難しい。

もしも水中で絵画の展覧会があったとしたら、皆パッと見の印象でしか鑑賞できない。
もしも水中でオークションがあったら、息が長い人が落札できる可能性が高くなる。
もしも水中に熊が現れたら、死んだフリをできない人から食われてしまう。

でもそんな状況はまれ(?)で「あー、酸素って素晴らしいですね」
とは普通の人は普通の生活をおくる上でそうは思わないだろう。

もっと身近な例を出すと、
病気になってから初めて健康な状態の大切さがわかるってのがわかりやすいかな。
今まで問題なく動いていたものはいつまでも動き続けるという錯覚に陥りがちだが、
病気になると急にその問題なく動き続けてくれていたことに感謝しだす。


先日、テニスのシングルスをやった。ぶっ続けで2時間ぐらいやった後
(2:1で勝ったよ)、ストレッチもあまりせずに放置して寝た。
あくる日の朝、足の太ももの裏の筋があまりにも痛く、
その他の部分もいたるところに激痛が走る。

その中でもびっくりしたのが足首の付け根のむこうずねの周り筋。
すねの上のほうが痛くなるのはよくあったが、足首のまわりの筋肉が
痛くなったのは初めてかも。グネッたわけではないのに。
こんなところにも筋肉があるんだなと
勿論当然ながら驚いてしまった。

その翌日は足首のつけ根筋痛で歩きにくかった。
今まで歩行を補助してくれていたこの筋肉に感謝の意味をこめて
この筋肉ブログに記す。

ストレッチは大事だ。
筋肉に感謝も大事だ。
お宅も是非。
[PR]
by moriwo27 | 2005-09-20 21:05 | お宅も是非