わるくない。


by moriwo27
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

濃いめ・硬め・多め

確かに顔&髭は濃いし、
髪の毛は剛毛でバリ硬めだし、
髪の毛の量は「すきバサミが切った後切れ味悪くなる」(木村さん談)くらい多い。

だけどもそんなことを書いてもしょうがないので
今日書くことは「ラーメン」の話。

ちまたではラーメンのスープを”濃いめ”、
麺の湯で加減を”硬め”で、
ネギを通常よりも”多め”に入れて欲しいときに
「濃いめ・硬め・多め」という。

おれはあまりそのように注文しない。

なぜかというと、スープが濃すぎると、
始めはよいのだが後になってどんどん喉が渇いてくるし、
麺の湯で加減は店の主人が編み出した究極の湯で具合で出てくる訳だから、
素人がどうこう注文つけると逆にまずくなる気がする。
しかもネギを多めにするとラーメンスープの温度が下がってまずくなる。

ラーメン一杯は主人の試行錯誤の集大成で、そのバランスを崩すのは気が引ける。

カップラーメンもしかり。
高校時代よくデイリーストアーに溜まっていた時に
カップラーメンの汁を半分しか入れずに食べている猛者がいた。
も●くんは、どんべいが半分しか湯に浸かっていない状態で
しかも3分待たないといけないところを1分くらいで食べていた。

そして、「濃いめが好きやねん。麺は硬めが好きやねん」
といって、まだほぐれていない麺をうまそうにほぐしながら食していた。

あれをカップラーメン開発者がみたら泣くと思う。
開発者は試行錯誤を繰り返して、なんとか一番最適な
状態で食べて欲しいと願っているのにもかかわらず、
それを「もうかまんできない」状態で食べられてしまう。


先日そのような技術開発者の意気込みをフルに堪能しようと
カップラーメンを作るときはお湯を線まできちっといれ、
きちっと三分測って、
しかも液体スープをきちっと残りなく入れれるために、
お湯で液体スープ袋の内部をすすいで完全に入れて食してみた。

すると、なんだか味が濃いように思えた。

はっ!!!

そうか、やつら(開発者)は液体スープが少しは袋の内部に
こびりついて利用されないってことを計算して
わざと多めに入れる計算をしているのか。

しくった。なんでもやりすぎはよくないね。

お宅も是非。
[PR]
by moriwo27 | 2005-10-19 14:12 | お宅も是非