わるくない。


by moriwo27
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

快☆感

昨日の獲物:2枚&5本
これを見てまたまた魚に関する数字かよと思うかもしれんが、違う。

昨日はありえんぐらい雪が降って、
そのおかげ(せい)で氷が張って、小さいつららができていた。

こんなん
b0065070_065178.jpg


で、これを見つけたおれとしては、
当然次のような行動をとってしまう。


b0065070_065890.jpg


張ってる氷はなぜか無性に割りたくなるし、
垂れ下がっているつららはなぜか無性に折りたくなる。
小学生の頃、スキーに行ったら必ずやっていたこの行動。

なぜにやつ(張った氷)はおれを破壊活動へといざなうのか?
何がやつの魅力・魅惑なのか??

それは、

人間は「やってはいけない」と禁止されていることに対して
とてもとても魅かれるからではないかと。

風船・金魚鉢・電球・卵のパック。
これらは当然空間を作る為にそのような形をしているわけで、
通常それらを壊すことは、そのもの自体の価値をなくすことに繋がる。

それゆえ、暗黙の了解もしくは無意識のうちに、
空間を含んだ構造をしているものに対して、
そっと扱わなくてはならないと感じているのかもしれない。

そこで氷の出現だ。

いつもは絶対にやってはいけない
「空間を壊す」行為をこの時ばかりは思い切って出来る。

氷が作った水面下の空間を思い切って破壊できる。
なんたって、氷はプライスレス。
しかも割る時のペキっとする感覚は
まるで表面がパリっとしたデニッシュをかじる時のようだ。

普段から抱いていた「空間保有物に対する知覚過敏」
から解き放たれることが
破壊行動へといざなうのではないか。

ビニールのプチプチもしかり。
あれをあそこまで真剣になってつぶし続けることができるのも
この意識が働いているのではないだろーか。

氷を見つけたら破壊。
ビニールのプチプチの争奪戦。
お宅も是非。
[PR]
by moriwo27 | 2005-12-15 00:34 | お宅も是非