わるくない。


by moriwo27
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

歯医者と唾液のお話

最近、人生で初めて歯医者に行った。
今まで生きてきた中で、特別小まめに歯を磨いていたわけではないのに、
不思議なほど虫歯にならなかった。

虫歯にならなかった原因は明らかであり、
おれの口の中にふんだんに存在する唾液のせいである。
少人数にしかまだ披露していないが、
おれは唾液腺から直接唾液を飛ばすといった芸を持っている。

その芸に気付いたのは、
あくびをした時だった。

前々からおかしいと思っていたがそれが確信にかわったのは
中学生の勉強中だった。
勉強中に眠くて、ふと大きなあくびが出た。
そして、再び勉強に戻ろうとノートを見た瞬間、
ノートに細かい水滴の痕が10個ほど。

これはなんだ??
と思いながらよく観察すると、水滴はまだノートに浸み込んでいく過程だった為
恐らくごく最近ノートに付着したものらしい。

よくよく自分の直近の行動を思い出して見ると、あくびしかしていないことに気付く。

もしや…

手鏡を覗きつつ、自分の口の中を見てみる。
唾液はどこから出ているのかなんて意識しなかったのに、
初めて意識する。

ベロの下からだ。
奴はベロの下から飛び出している。
そしておもむろにベロに力を入れ、唾液を分泌させてみる。
仮説は一気に確信へと進化する。

濡れる手鏡、
広がる唾液、
そしてそれを数える俺。

手鏡を持ったまま、奇妙な空間で小躍りしたいような発見と共に
どんどん興味が沸いてくる。

酸っぱい物を想像したらどうだろう??
結果は、
レモンと梅干の効果はテキメンだということに気付く。


歯医者に行って、
「はい、じゃあ口を空けて下さい」と言われたその時
ふと不安がよぎる。
「口を空けたまま、唾液を飛ばしたらしゃれにならん」

美人の歯医者の前で
必死でこらえていたせいで顎と舌が疲れた。
苦々しい歯医者初体験。

お宅も是非。
[PR]
by moriwo27 | 2006-07-02 14:23 | お宅も是非