わるくない。


by moriwo27
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2005年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧

POMジュースご飯②

以前ブログでも紹介したポンジュースご飯。
食べたいと言う周囲の熱意に動かされついに実現化。

作り方はいたってシンプル。
まずは具をいためます。
今回は、鶏肉・たまねぎ・人参・しめじを一センチ角に切り、バターでいためます。

次に洗って水切りをしておいたお米を具と一緒によく炒め、
米が透明になるまで炒ります。

米及び具をおひつに移し、水の代わりにPOMジュースを並々と注ぎ、
ふたをしめて炊飯ボタンをポチットナ。

後は待つのみ・・・・。

できました!!!!

b0065070_953719.jpg


色艶ともに輝いており、これはと期待させる予感。
炊き込みご飯のようだ。

b0065070_98364.jpg


お茶碗に入れても見栄えがする。


そこで一口食べてみる。









かなり
















まずい。




甘い。




酸っぱい。








まずい。






皆の分までと意気込んでのまさかの9合炊き。








・・・・・。



POMジュースご飯と言うからには、
POMジュースでご飯を炊くとこんなにも意外な味に・・・。

というのを期待したものの、
POMジュースでご飯を炊くとこんな味だろうなというような悲惨な結果。

否。

想像していたよりももっとだるい甘さがご飯にまとわり着いていて、
相乗効果でまずくなっている。


もうどうしようもない。


とりあえず、今日はPOMジュースご飯作るからと流布した手前
皆に食べさせてあげなければ。


量的には十分ある。


ただ質的には出せたもんじゃない。


しばし苦悩。


⇒ひらきなおる。


とりあえず皆を呼んでみた。


皆の感想は予想できたものだった。

あるものはまずいと正直に言い、
あるものは私はそんなに嫌いじゃないとフォローを入れてくれ、
あるものはどうしたらうまくなるかを考えてくれ、
あるものは写メールで実家のお母さんに送るのだそうだ。

こんなに食が進まない食卓は初めてだ。

こんなに少量でお腹がいっぱいになる食べ物は初めてだ。

せんずだ。

こんなに食べた後のウーロン茶がうまいと知ったのも初めてだ。


POMジュースとご飯に申し訳ない。


単品ではかなり高いパフォーマンスを出すのに。
二人が力を合わせるとマイナスになるんだね。

b0065070_984559.jpg


とりあえずふりかけにしてみた。



無理だ。
ふりかけが一袋なくなっちまう。


b0065070_985576.jpg


次はケチャップライス風。
これは友人が作ってくれたものだ。

10段階評価で、元を0.1とするとケチャップは1ぐらいになったものの、
それでもやはり、なんとか飲み込める程度である。

食べてくれた皆さん
そして頑張って料理してくれた福西君ありがとう。
そしてPOMさん、ご飯さんごめんなさい。
最後にこんなにだらだら長い文章を読んでくれて感謝感謝です。
[PR]
by moriwo27 | 2005-05-29 09:43 | 研究室LIFE

言い方の違い

昔から左利きにあこがれていた。
左でボールを投げる人。
左で字を書く人。
左で箸を使える人。

でも小学校の頃、左手の少年は
「ぎっちょ」と言われ、なぜかからかわれる対象であった。

「ぎっちょ」

なんて響きの悪い言葉だろう。

「サウスポー」

かっこいい。

文句なしにこっちのほうがいい。

「レフティー」

これもかっこいい。

おれは左利きの人を尊敬の意味もこめてレフティーと呼ぶ。
言い方一つでガラッと印象が変わる言葉なんてたくさんある。

これからはおれの手ことを「汗手」と言わないで、

「ウェッティー」と呼んでくれ。
[PR]
by moriwo27 | 2005-05-27 01:13 | カモネ。

安直なネーミング

物事に名前を付けるとき、悩む人も多いと思う。

例えば自分の子供に名前をつけるときや
卒論や発表のタイトルを考えるときや
あまりないとは思うが、本のタイトルを付けるときとか。

自分の名前は大好きなわけではないが、
両親が苦心して考えてくれただけでありがたみもわく。

本のタイトルも、それが売り上げに貢献する割合がでかいため
なるほど目を惹くものが多い。
おれの右側の本棚には

「0からのパソコン」
「海の生物100不思議」
「分子遺伝学が驚異的にわかる」

などといったタイトルの本が並んでいる。
なるほどちょっと手にとって見たくなるようなタイトルが多い。

さて、なんでこんな話をしたかというと

魚のネーミングに関してあまりにも安直な名前が多いからだ。

例えば

「キハダマグロ」…黄色い肌のマグロ

「アカオビシマハゼ」…赤い縞模様の帯が体に入っているハゼ

「オジサン」…ヒゲがはえている魚

「カミソリウオ」…カミソリみたいにうすべったい魚

「オオカミウオ」…オオカミみたいな顔の魚

「スナホリガニ」…砂を掘って生息するカニ

狐みたいな顔した「キツネメバル」
にそっくりな魚が発見され、
「タヌキメバル」にしたのも安直過ぎる。

こんなんじぁ魚たちがかわいそうだ。
ネーミングを考える方々はもっと真剣にセンスのいい名前を考えてあげてほしい。

そう考えると

「もりを」てあだ名も安直過ぎるか。

なんかいいあだ名を考えてください。

お宅も是非。
[PR]
by moriwo27 | 2005-05-24 11:24 | 魚関係

愛知万博

愛知万博に関して情報ある人いる??
今度行こうと思うねんけど、行った人ならではのアドバイス求む。

行ってない人でも
これに気をつけたほうがいいっぽいよ的なことがあったら
おしえてくれたら助かります。
[PR]
by moriwo27 | 2005-05-19 18:35 | 悪くない

天然パーマと帽子の関係

おれの後輩に天然パーマの奴がいる。
そいつはいつもいじられキャラなのだが、

いじられたりテンパったりすると
いつも髪の毛をいじる癖がある。

本人曰く、あれは天然パーマを無意識のうちに伸ばしている
らしいが、はたから見るとあたかも天然パーマを作成しているように見える。

そこで周りからある仮説が生まれた。
朝起きるとストレートなのだが、ああやって髪の毛をいじることで天然パーマは生み出されるのだと。

本人に直接その仮説を聞いたところある面白い仮説が返ってきた。

それは

「帽子をかぶり続けると天然パーマになる」というものだ。

そいつは小学生の低学年のときはさらさらストレートだったらしい。
しかし熱血の広島カープであったため、赤色のキャップをかぶり続けた。
高校時に色気がついて髪の毛を伸ばしてみると
なんとまサラサラヘアーがカーリーヘアーになっていたらしい。

そいつ曰く、周りでずっと帽子をかぶっていた奴も天然パーマになっているとのこと。

しかしおれはある点に気付いた。
それは帽子が天パを作成するのではなく、
天パの子供はよく帽子をかぶっているだけではないかということに。

しかし、そのことは黙っておいた。

ps 天パの奴に「天パやな」というときまって「くせ毛や」と言います。

お宅も是非。
[PR]
by moriwo27 | 2005-05-16 18:59 | カモネ。
ふと思う。

あったらいいなと思う物。
多分皆さんの中にもいくつかあるのではないか?

しょうもなくてもいいじゃないか。
今回は一つ挙げてみよう。

お花見のシーズンも過ぎ、
バーベキューに最適なシーズンですね。

バーベキュー会場では当然ビールが大量消費され
宴会は大盛り上がりとなるはずですが、

ビールがぬるくなってしまうとどうもうまくない。

むしろまずい。

それではまずい。

そこで考案してほしいのが、
冷やさなくても、空けた瞬間冷たいビール。
これは相当なテクニックを要するが、
パッケージの工夫次第ではなんとかなんるのではないかと思います。

昔ミスター味っ子(味良陽一?)が石灰と水の化学反応を用いて
開けたてのお弁当が熱々になるという技を用いてたのを思い出しました。
空けた瞬間あったかい缶詰もほしいな。

以上、あったらいいなと思うもの。

お宅も是非。
[PR]
by moriwo27 | 2005-05-15 13:46 | 悪くない
b0065070_18401060.jpg
ふと思う。

あったらいいなと思う物。
多分皆さんの中にもいくつかあるのではないか?

しょうもなくてもいいじゃないか。
今回は一つ挙げてみよう。

誰かの誕生日を思い浮かべてください。
その人は20歳です。
ケーキには大きいローソク二本では寂しいので、
小さなローソクを20本立てることにしますよね。

しかし、一個一個に火をつけるのは意外に面倒。
しかも全部付け終わってから電気を消して
ハッピーバースデーの歌
(ハッピーバースデートゥーユー or 誕生日ーおめでとう)
を歌ってローソクを吹き消す際には
始めにつけたローソクは溶けて、
ケーキにローソクがついてしまう。

そんなのは嫌だ。

そこでこんなものあったらいいなシリーズ!!

全部一気に導火線でつながったローソク
一個付ければ連鎖反応で全部に火がつきます。

これで皆の悩みも即刻解消。

お宅も是非。
[PR]
by moriwo27 | 2005-05-11 18:42 | 悪くない

きまずさ

昨日実験所にスペインからの留学生が来た。
去年も来たので、顔なじみの彼だ。

その彼がスペイン土産として
スペイン産のコーヒーを入れてくれた。

飲んだ。

うまいが、特に日本のコーヒーと違いはない。

「Great!!」

というと、日本のコーヒーと違うだろ?的な質問が来た。

コメントを求められた。

「Very strong coffee!!」

と言っておいた。

濃い・薄いは日本のコーヒーでもあるじゃんと思いながら
気まずさは一応回避した!!??

お宅も是非。
[PR]
by moriwo27 | 2005-05-10 08:43 | 研究室LIFE

いたちごっこ

b0065070_2217519.jpgうちの実家にはヒーローがいる。
その名も小太郎。友人のな○い家の子供と同じ名前だ。

親父はかわいがって朝5時に起きて散歩に連れて行くし、
おかんはかわいがってミルクを毎日あげるせいで、
最近小太郎は子豚みたいになるし、
弟は小太郎に晩御飯をあげるために毎日帰ってくるようになるし。
我が家にとっての鎹(かすがい)みたいな存在だ。

そんな子豚が最近窮地に立たされている。
うちの家はなんとペット禁止のマンションで、
散歩している姿を見られて大問題になっているらしい。

大問題と言っても2人のおばはんが口うるさく言ってくる程度だと思っていたら、
そのおばはんがついにはマンションの管理委員会に
問題として扱ってくれと言い出したらしい。

うちのマンションには管理委員会といって、
住民の代表が5人選出されマンションの苦情や
問題に対処する制度があり、
問題があった場合には住民投票で決め事をするらしい。

うちの家の小太郎はペット禁止の例外的存在として認められるか
その場で投票して決められるらしい。
認められるためには全住民(31名)のうち4分の3を(24名)の賛成を
得なくてはならない。
もしも認められなければ、うちの家は小太郎を手放さなくてはならない。

しかしながらうちのマンションの住人は6名ほど海外で勤務しているらしく、
日本に残っている世帯は25名しかいないらしい。

つまり、今の段階で投票を行えば全住民の票を集めたとしても
25票しか集まらず、そのうち2票は確実に反対するおばはんが入れないので
実質23票しか集まらないらしい。

おかんは悲しみ嘆いて、親父と一緒に新しい家を探そうと考えていたらしい。
まだ買って2年しかたってないのに・・・・。

しかしながら近所の賢いおじさんが妙案を考えてくれた。
住民投票で小太郎が例外的に認められなかったとしても、
住み続ければ裁判をおこそうとおばはんは言い出すだろう。

その裁判費用はおばはんが払うはずもなく、
必ず住民管理費から払うことになる。
しかし、その裁判費用を払うかどうかも住民投票で決めなくてはならず、
その住民投票で4分の3の賛成を得ることは難しいだろう。

つまり、住民投票では何も決まらないので、
結局裁判沙汰にされることもないだろうから大丈夫じゃないかと。

賢い。

とりあえず引越しの危機は免れたと思いほっとしている今日この頃。

お宅も是非。
[PR]
by moriwo27 | 2005-05-08 22:19 | お宅も是非
b0065070_1230974.jpgb0065070_1230172.jpgごぶさたしてます。これからブログ再開しようと思います。

5月3日久々に親父と甲子園球場に行った。
阪神は連敗中で好調広島カープ相手だったので
ライトスタンドに陣取ったおれは新しい応援歌にもためらわずに応援した。

試合展開は2対3で1点のリードを許したまま9回の裏に突入した。
阪神は1アウト後矢野がヒットを打ち、
代打で町田が出てきた。町田と言えば広島カープで昨年まで
代打の切り札として活躍してきた選手なので古巣に対して
どういうバッティングをするか期待を持って見守った。

ワンストライク後の二球目、内角のストレートに町田のバットが反応した。
打球は高々とレフトのポール際に上がり、
打った瞬間それとわかる当たりだった。

レフトスタンドのファンは総立ちで打球を呼び込み
ライトスタンドにいた虎党達はレフトスタンドのファンの雰囲気から
ホームランだと疑わずに喜び合った。

もう左右前後の人が知り合いだろうがなかろうが関係ない。
皆でさんざん町田の代打逆転サヨナラホームランを喜んだ後に
グラウンドを見ると岡田監督が審判に詰め寄って、
バックスクリーンの得点は2対3のままだった。

あれ??
おかしい。
まさか。
ファール?

岡田監督が猛抗議している姿にむなしくなった。
なにがむなしいって?

それはプロ野球の判定が覆らないこと。

今やアメフトも相撲も判定が難しい場合にはビデオ判定を用いる時代、
プロ野球はかたくなにそれを拒んでいる。
審判は人間だからミスをすることはありえるが、それを科学の力で補えばいいではないか。

そしてもう一つ。

岡田監督が審判の判断ミスだと決め付けている点。

審判が一番見えやすい場所(三塁線上)で判断したのだから
きっとファールなんでしょう。
それは一塁ベンチの見えにくい角度から見た岡田監督よりも信頼性は高いはず。
それなのに試合後のコメントではあたかも審判が間違っていたようなコメント。

それもこれもビデオ判定や審判の質が向上すれば解消される問題。
今後のプロ野球はまだまだ改革する余地がありますぜ。
[PR]
by moriwo27 | 2005-05-07 12:31 | 気に食わない