わるくない。


by moriwo27
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2005年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ピンチはチャンス

マイナスが確定した勝負ってあると思う。

一番それを痛感したのが、
トランプのナポレオンというゲームをした時や麻雀をした時だ。

ゲームの勝敗というものはおそらく実力+運で決定されていると思う。
運を引き寄せるのも実力という説もあるが、それは別として考えよう。

どうしようもなくついている時やどうしようもなくついていない時はある。
ついてる時はいいものの、どうしてもついていない時にどうするかが問題だ。

ナポレオンの場合は配られたカードに絵札及び2が全く無い場合や、
麻雀の場合は配牌およびツモがクソだった時など。

そういう時は、自分がその回はマイナスが確定していることは間違いない。
ナポレオンの場合、自分が宣言しナポレオンになれば大負けするであろうし、
逆にナポレオンにならずに、
低いレートで誰かにナポレオンにならしてしまうとこれまた大負けする可能性がある。

つまりどっちにしろ負けることはほぼ確定しているのだ。

この勝負(負けが決まった勝負)で、いかに負けを少なく抑えることを
選択できる人が、本当にゲームに強い人だと思う。


先日(というか2ヶ月ほど前)海に落ちる機会があった。
漁連で鍵を漁港の中に落とした例の事件以外で自分自身がまんまと海に落ちるという失態。

調子に乗って防波堤の端のほうを歩いていたら、まさかの突風到来。
バランスを崩したおれは、しばし(1秒くらい)体をえびぞりながら、
腕でバランスをとろうとした後に、

「あ、これは確実に落ちるわ」

と判断し、
とっさに左ポケットの中の携帯を取り出し陸地に放り投げながら
自らは海に落ちるといった荒業を成し遂げた。

自らは海に落ちてびしょ濡れ。
携帯はちょっと傷ついたものの無事。

海の中で後悔しつつも、
ナイスプレーができた俺にちょっと満足。

負けが決まった勝負。
ひょっとしたら麻雀強くなるカモネ。
お宅も是非。
[PR]
by moriwo27 | 2005-08-29 00:19 | カモネ。
小説をあまり読まない。
ハードカバーの長い小説は(上・下巻あるものは特に)読まない。

なぜかというと、

おれが飽き症なので、何日もかけて一つの本をじっくり読むのが苦手なのが原因だ。
また、熱中して一日中本を読むなんてことも考えられない。

なので、読書に関しては何か熱い思いやこだわりはあまりないのだが、
どうしても気になるもしくは気に食わない点がある。

それはラスト数ページになると必ず起こる問題だ。


小説(ハードカバーの長い目のもの)を久しぶりに読んでみた。
途中まではすらすらと面白く読めるのだが、
ラストが近づくとそうでもなくなってくる。

ラストが近づくと、それまで思っても無かった違った思いが沸いてくる。

もうすぐこの小説は終わるんだ。
じゃあ、どのようにしておわるんだろうか??
このままで終われるのか??
あー、きっとこんな感じで終わるんだな。
えー、もう締めにかかるん??

等等。

おれとしては不意に終わりは来て欲しい。
あー、もうすぐ終わる。
終わりに近づいている。
と、残りページの量でうすうす気付きながら終わっていくのは気に食わない。

最後の数ページをあまり楽しめていない。

フェイントで、かなり分厚めの本の中盤で終わりが来るなどといった、
どこで終わりなのかわからない本があればいいのになと思う。

なるほど、それでおれはショートショートが好きな訳だ。
あれはちょっと長めのものもあるし、数ページでおわるものもある。
しかもその大半が突然の終わりだ。

展開の見えない、そして終わりを悟らせない小説がなんとかしてできないものか?
是非。
[PR]
by moriwo27 | 2005-08-27 19:59 | 気に食わない
来春から就職し、どこに勤務になるかわからない今日この頃、
ふいに現在すんでいる京都府北部の町をもっと知っておこうという気分になった。

この街とももうすぐお別れだなと思うと悲しくなる。

そこで、普段気になりつつも行く機会に恵まれなかった場所に行こうという
プロジェクトを一人で発案。

第一番目の場所として
匂崎(においがさき)公園を選んだ。

この公園はいつも漁連(漁業協同組合連合)に行く道にあるのだが
車にのってるためスルーしてしまう公園だ。

小高い丘の上まで階段が続いており、
その階段を登るとされに上まで階段がある。

それを登ると、なんだか高見櫓(やぐら)みたいなものがあって、
(実際に高見やぐららしい)
その上からは漁港および湾が広く見渡せた。

おー、これはほんとに気持ちいいな。
辺境の地舞鶴にもこんな素敵な場所があったんや。
やはり来てみて正解だった。

としばし感動して、ふとその櫓内の柱を見ると、
そこにはありました。例の落書きが。

○○LOVE とか、
○○ちゃんと絶対幸せになる!!とか。

普段はあまりそういう落書きに注意を払ってみないのだが、
なぜかふと、その一つに目を落としてみた。

「ダイエットするためのひけつ」

というタイトル。

これは面白そうやんけと思いつつ、見てしまった。

●一つ、毎日50km以上走る。

おいおい、いきなりかなり難しいこと言うなー。
マラソン選手しかできへんやん。

●二つ、食事の量を減らす。

まじでか。斬新やな。
1日50km以上走り、食事の量を減らすのはかなり危険と思うが。

●三つ、積極性をアピールする。

そうきたかー。
なんの積極性かむっちゃ気になる。


ということでしばし腹を抱えて笑った後に
帰り道もニヤけてしまった。

新しい道、新しい発見、そして新しい出会い。
お宅も是非。
[PR]
by moriwo27 | 2005-08-26 01:06 | 悪くない

無駄無駄無駄

富士山という高い山を必死になって登ったが、
その途中、どうしておれは山登りをしているのか?ということを考えた。

一度目にそれを思ったのが
6合目の次に新7合目の休憩地点があり、
その次は8合目だと思ってたどり着いたのは元祖7合目だった時。
7の次は8ちゃうんかい!!!!

二度目にそれを思ったのが、
もう歩けないと泣いてその場にしゃがみこむ少年(推定6歳)を
「帰りもあるねんぞ。どうするねん」と言って怒る親父を見かけたとき。

人はなぜ山に登るのか??

それは

「そこに山があるから」

だ。

名言の意味が少しわかった気がした。

では、この一見重力と逆らって無駄に体内のエネルギーを位置エネルギーに変換する
登山という行動にどうにか意味を持たせることはできないか??

その1

登山をする人は日本全国にいるので、
その人たちが水を少量ずつでもいいから山頂にもって行き、
その水を一気に山頂から地上まで落とせば
かなりの位置エネルギーを水力発電に利用することが可能になるかもしれない。

その2

もしくは、巨大なウォータースライダーを山頂から作って、
降りる人はそのウォータースライダーで地上まで降りる。
その降りる人の勢いで発電所のタービンを回す。

これで自分の登山のおかげで電力が作られているんだという、
満足感と登頂の満足感の二つを味わうことができる。

エネルギーを使いたい場所(登山・ダイエットのためのエアロビ・エアロバイク)から
エネルギーを求めている場所(家庭で消費する電力等)への転換が
これからの時代必要となってくるのではないでしょうか。

登山を有効利用。
ダイエットに励むためにエアロバイクに乗ってるおばはんはそれで発電を。
エアロビで踏みしめる床には、踏むと発電効果のある床を使用。
筋トレでウエイトを持ち上げる人は代わりに人力でタービンを回す。

等といった行動を皆がすれば無駄な消費エネルギーを有効利用できるのでは。

お宅も是非。
[PR]
by moriwo27 | 2005-08-25 02:10 | お宅も是非
富士山の頂上までの道のりは省略。
だれもそんなに聞きたくない&スーパー面白いネタもない。
ユタ君が高山病に少しなりかけたくらいかな。

頂上につくなり、
あと20分くらいで日の出だと言うことで登頂の感激もあまりなく
ダッシュで日の出ポイントを確保しに急ぐ。

どうやら今日は雲が多くて見にくそうだ。

するとあれよあれよと言う間に空が明るくなってきて・・・・・


出ました!!!!!
b0065070_2042750.jpg


ということで達成感のもと、すがすがしい朝を迎えることができました。

ここで山頂での注意を書きます。

●ごみをポイ捨てしない!!
   結構ガケにゴミがたまってました。しかも本当に急な斜面なだけに
   拾いに行く作業ができないポイントなので、
   風に飛ばされたといういい訳もなしです。

●う○こはできない雰囲気だ!!!
   トイレは山頂に仮設トイレがありますが、
   気圧の関係か何かわからんけど、
   すぐに蒸発して気体になろうとします。
   しかもむっちゃ並ぶ。
   気をつけないとえらいことになります。書きませんが。

●カップラーメンは800円・味噌汁は400円
  もはやこの場所では需要と供給のバランスが完全に崩れています。
  カップラーメンに対する需要が高すぎて、値段が法外になっています。
  ここまで持ってくる手間を考えてもこれはありえないことだと思う。

  しかし、それでも一軒しかないため仕方なく買ってしまう。。。
  そしてうまい。満足してしまう。
  ソビエト時代のアイスクリーム屋さんもこんな感じか。

これらの注意を踏まえて富士登山をすれば
成功間違いなし。
お宅も是非。
[PR]
by moriwo27 | 2005-08-23 20:57 | お宅も是非
最近富士山に行った。
富士山は日本一の山なので、事前からしっかり予定して
持ち物は準備万端で、体調を整えて、待ち合わせを決めて・・・・・・

な訳もなく、

用意は出発の1時間前だし、
そもそも出発時間が決まったのは出発の1時間前くらいだし、

はー、再び全く計画性の薄い旅。
とかいってなんだかんだいってそれが好きかも。

うきうきしながら、
持ち物・持ち物っと。

●富士山の山頂は寒いから、帽子と上着やろー、

●富士山はかなりハードだから動きやすい格好という訳で、ジャージやろー、

●登山には底が厚い靴が必要だから、テニスシューズやろー、

●富士山は砂埃が立って目が痛くなるから、サングラスやろー、

●登る前に元気にならないとダメだから、チオビタドリンクやろー、

●雨が降ったら悲惨だから、カッパやろー、

   あ、無いわ。
   まぁ降らないだろう。

●深夜の夜行登山だから、ヘッドライトか懐中電灯やろー、

●途中で喉がかわくから、水分やろー、

●遭難したときのために、チョコレートやろー、

と言う訳で俺なりに考え抜いた格好がこれ。
b0065070_214159100.jpg
お宅も是非。
[PR]
by moriwo27 | 2005-08-22 21:50 | お宅も是非

どれくらいかというと

先日、かぶとむしをよく見かけると書いたが、
ほんとかよという意見対策として書き込み。

実際は夜中になるとコンスタントに5~6匹ゲットできる。
街頭の下を歩くだけで、下に落ちている。

しかも

b0065070_071235.jpg


ひっくり返って元に戻れない。

しかも

b0065070_053666.jpg


いっぱいいる。

それだけ。

自慢。(??)
[PR]
by moriwo27 | 2005-08-05 00:08 | 研究室LIFE
b0065070_17222912.jpg


最近ゴキブリが多い。
おれの周りだけなのか??
それとも世間一般になのか??

いや、おそらくおれの周りだけであろう。

同じくカブトムシ・クワガタムシも多い。
街頭の下で転がっていることや、
ふと窓を見ると網戸にくっついていたりする。

街頭の下でひっくり返っているカブトムシを10分くらい観察したが、
彼はひっくり返ったままもがいているのみで、自力では元に戻れない様子。
完全におばかさんだ。
このまま死に行くのかと考えると悲しくなったので元に戻してあげた。

もしもゴキブリがひっくり返っていてもがいていたらと考えた。
確実に元に戻してあげようとは考えない。

しばし熟考。。。

ゴキブリとカブトムシの差は??

うーん。

見た目にはかなり近いものがあると思う。
少なくとも昆虫というくくりでは同じであるし、
黒いボディーに光沢のある羽も同じだ。

しかし一方は忌み嫌われ、
もう一方は子供たちを中心に人気者だ。

この差はでかい。

おれがゴキブリだったらなんとかしてカブトムシサイドに立ちたいと考えるだろう。

人気の出ない(気持ち悪い)理由として

①ゴキブリはカサカサせわしなく動く
②ゴキブリは羽が気持ち悪い。
③ゴキブリは触覚が気持ち悪い。
④ゴキブリは人間のごみをあさるので不衛生だ。
⑤ゴキブリは飛び掛ることがある。

しかし、

もしも
カブトムシがカサカサせわしなく動き、
ゴキブリのような触覚を持ち合わせて、
飛び掛ることがあってもあまり気持ち悪くないように思える。

つまり、

ゴキブリが気持ち悪い(不人気な)理由は
不衛生さにあるのであろう。
同じような形態をしたカミキリムシや
同じようにせわしなく動き回るコオロギが人気者なのは彼らが人間のゴミをあさったりしないからだ。
そして不衛生であるから他の全ての特徴が気持ち悪く思えてしまうのであろう。

うん。

差別はよくないことだと思っているが、
ゴキブリをカブトムシと同様に扱うことはできない。
平等とは難しい定義だ。

お宅は是非。
[PR]
by moriwo27 | 2005-08-02 17:45 | 研究室LIFE