わるくない。


by moriwo27
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2005年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧

最近グレープフルーツをよく購入する。
理由は果物の中で最も好きだからだ。
一個100円の大玉のを買うか5個で300円の小ぶりのものを買うか
迷う結果、毎回小玉のほうを買ってしまう。

ひょっとしたら、食べる実の部分で考えると大玉のほうが
安いのではないかと思うが、大きいのはためらってしまう。

例えば直径が10cmと12cmのものでは
重量は125:216と、二倍近くになっているから
ひょっとしたら、大きいものの方がお得かもしれないが、やはり小さいほうを買う。
貧乏性かも。

そんなグレープフルーツを食べるのに問題点が一つ。
それは一個一個、グレープフルーツの食べやすさが違う点だ。
食べにくいグレープフルーツとして、以下の点が挙げられる。

●仕切り間隔が短い(身が細かく皮によって分断されている)
●実がカシュカシュになって乾燥しかけ
●皮と実の部分が癒着している。

これらの基準をクリアしているグレープフルーツに当たると心が小躍りする。
逆に、大半のものはこれのいずれかに相当すると考えてよい。

そして我々グレープフルーツ愛好家にとって、憧れの的は
ずばり、お弁当に入ってる「剥いてあるグレープフルーツ」だ。
あれを作成してくれる、そして弁当とは別のたっぱーに入れてくれている
お母さんを持つ友達には正直嫉妬した。

そして、庶民レヴェルの憧れとしては、
半分に切ったグレープフルーツをスプーンですくった時にまれに達成できる
あの△形(四面体みたいなもの)の大きな塊だ。
このゴールデントライアングルを作成するためには
上記にあげた三点の基準をクリアしたグレープフルーツでないと達成できないと思っていた。

しかし、
遂にその三点が満たされなくてもGT(ゴールデントライアングル)が達成できる
グレープフルーツの食べ方(スプーン捌き)を発見した。
この技術があればもうグレープフルーツをしつこくほじくる作業は必要ありません。
誰でも大きな大きなグレープフルーツの実を食べることができるこの技術。
あるある大辞典に採用されること間違いなし。

今なら、その技術が詳しく載ったパンフレットと
やさしい指導付きで、お値段ズバリ!!!

3980円!!!!

3890円!!!!

これはお値打ち。

詳しくは資料請求こちらまで→0120-5610-5610(ゴールデン・ゴールデン)

お宅も是非。
[PR]
by moriwo27 | 2005-10-31 21:47 | お宅も是非

信号嫌い。

信号機関係ではまだ一個も投稿していなかった。
うかつ。

信号大嫌い。

歩行者・チャリの時は待つのが嫌い。
信号待ってるときに勧誘してくる人も嫌い。
信号機の近くにいる警察官も嫌い。
赤信号でもわたりたいのに、近くに子供連れのお母さんがいるから
赤信号無視をするのをためらってしまうのも嫌い。
かといって、ためらわずに渡った後のお母さんの視線も嫌い。


自動車乗ってるときは、待たずに赤信号で横断してくる歩行者およびチャリが嫌い。
「このタイミングで渡って轢かれたら、完全にお前が悪いやんけ」
と思うけど、轢いたら確実にこっちが弱い立場になってしまうという
立場の差を利用して赤信号無視してくる中高生が憎い。
そしておれも昔(てか今も?)その一員であったことも憎い。


大体、歩行者信号と自動車信号の変わるタイミングが場所によって
かなり違うのも気に食わない。
自動車に乗ってると、歩行者信号の点滅を目安にして、
次の信号まで進めるかどうか判断するのに、
歩行者信号赤から自動車信号赤になるまでめっちゃ早い奴がある。
その反対で、めっちゃ遅いやつもある。


右左折の矢印信号も嫌い。
たまーに、こんなん←↑→あるやんか。
これって、青信号と何が違うん??

あー、ドラえもんの道具で信号を操作できる
「どこでも青」が欲しい。
[PR]
by moriwo27 | 2005-10-29 22:27 | 気に食わない
「ヒラガナ」と「かたかな」

「猫舌な犬」

「おっさんみたいなおばはん」

最後のは違うか。。。。

などなど結構よくある自己矛盾。
最近結構よくやってしまうことは、
勉強の集中力が上がらないために気分転換で
読書を始めた結果、読書に疲れて勉強せずに寝るパターン。

読書は気晴らしデスカ?
それとも勉強が気晴らしデスカ?

A:「ヒラガナ」を書いてください。
B:「ヒラガナ」。
A:それ、片仮名やん。
B:そっちこそ漢字やん。
C:まーいける!!!!
A:!!!
B:!!!

売れない四コマ漫画。

書きっぱなし。
[PR]
by moriwo27 | 2005-10-28 13:03 | っぱなし

自己責任

どうやらここ舞鶴は夏の次にはすぐに冬が来るらしい。
秋の味覚&読書&スポーツ&昼寝に適した環境はすぐに去り、
ちょっと夜になると冷え込んできた。

でも冬になっても、おいしいものはやってくる訳で
鍋とかおでんとかビールとか本当に幸せな食事がやってくる。

中でも冬限定の食べ物としては牡蠣が好きだ。
あの生牡蠣のぷるぷる具合も好きだが、
酒蒸しにした時のなんともいえない磯の旨さを凝縮した匂いがたまらない。

先日、ふとしたきっかけで牡蠣養殖業&作家である
畠山重篤さんを舞鶴の牡蠣養殖場に連れて行く機会があった。
そこで「牡蠣の安全フォーラム」てゆー三重県で開催されたフォーラムの話を聞いた。

それによると、
牡蠣にあたるかどうかは牡蠣の鮮度で決まるのではなく、
もともと牡蠣にノロウイルスというウイルスが混入しているかどうかで決まるのだと。
そもそも何百個か何千個に一個程度は混ざっているものらしい。
なので、そのフォーラムでは生で牡蠣を食うことはそのリスクも
ふまえたうえでの自己責任で食べなさいとのこと。

ふーむ。なるべく食べないでおこう。
しかし、あのぷるぷる・ぷりぷり感は何物にも変えがたい。

もう一つ。

牡蠣のノロウイルスはもともと人体の中にあるものらしい。
それが汚水と供に外の海へと流れ出し、
牡蠣を通じて再び人体の中に戻ってきて腹痛をもたらすのだ。
これもまた自己責任。

二つの自己責任をとるかどうかはあなた次第です。
おれはあたらない気がするから食べるけどね。

お宅も是非。
[PR]
by moriwo27 | 2005-10-25 22:22 | お宅も是非

濃いめ・硬め・多め

確かに顔&髭は濃いし、
髪の毛は剛毛でバリ硬めだし、
髪の毛の量は「すきバサミが切った後切れ味悪くなる」(木村さん談)くらい多い。

だけどもそんなことを書いてもしょうがないので
今日書くことは「ラーメン」の話。

ちまたではラーメンのスープを”濃いめ”、
麺の湯で加減を”硬め”で、
ネギを通常よりも”多め”に入れて欲しいときに
「濃いめ・硬め・多め」という。

おれはあまりそのように注文しない。

なぜかというと、スープが濃すぎると、
始めはよいのだが後になってどんどん喉が渇いてくるし、
麺の湯で加減は店の主人が編み出した究極の湯で具合で出てくる訳だから、
素人がどうこう注文つけると逆にまずくなる気がする。
しかもネギを多めにするとラーメンスープの温度が下がってまずくなる。

ラーメン一杯は主人の試行錯誤の集大成で、そのバランスを崩すのは気が引ける。

カップラーメンもしかり。
高校時代よくデイリーストアーに溜まっていた時に
カップラーメンの汁を半分しか入れずに食べている猛者がいた。
も●くんは、どんべいが半分しか湯に浸かっていない状態で
しかも3分待たないといけないところを1分くらいで食べていた。

そして、「濃いめが好きやねん。麺は硬めが好きやねん」
といって、まだほぐれていない麺をうまそうにほぐしながら食していた。

あれをカップラーメン開発者がみたら泣くと思う。
開発者は試行錯誤を繰り返して、なんとか一番最適な
状態で食べて欲しいと願っているのにもかかわらず、
それを「もうかまんできない」状態で食べられてしまう。


先日そのような技術開発者の意気込みをフルに堪能しようと
カップラーメンを作るときはお湯を線まできちっといれ、
きちっと三分測って、
しかも液体スープをきちっと残りなく入れれるために、
お湯で液体スープ袋の内部をすすいで完全に入れて食してみた。

すると、なんだか味が濃いように思えた。

はっ!!!

そうか、やつら(開発者)は液体スープが少しは袋の内部に
こびりついて利用されないってことを計算して
わざと多めに入れる計算をしているのか。

しくった。なんでもやりすぎはよくないね。

お宅も是非。
[PR]
by moriwo27 | 2005-10-19 14:12 | お宅も是非

どっちが得か

よくある話だが、
一円玉を拾うエネルギーと一円分で購入できるエネルギーのどっちが得かと。

一円玉を拾うこと自体に一円分以下のエネルギーしかかからないとしても
一円では食料は買えず、
かといって10円になるまで10回一円を拾う機会はないだろうという理由で
一円玉を拾わないでおこうと思うものの、
一円玉を拾わないで放置すると書いたことによって
イメージダウンを引き起こすかもしれず、
そのイメージアップの為に宣伝料がいくぶんかかるため
結局は一円玉を拾うほうが安くあがるかもしれないが、
ふと冷静に考えるとそのことを公表せずに
もしくは一円玉に気付かなかったことにして
一円玉を拾わなければうまくいくのではないかと。

よくない話かもしれないが、
人に文句を言う(もしくは言い争いをする)エネルギーと、
文句を言わず耐えるエネルギーどっちが得かと。

確かに勇気を出して文句を言っても、もしも相手が逆に口撃してきた場合
その論争に費やすエネルギーはばかでかいかもしれないし、
その論争には結局決着などつかず、
元の状態よりも悪い状態になってしまうこともよくあることを考慮すると、
結局何も言わずに耐え忍んだほうがエネルギー節約なのかもしれないが、
そうしているうちにこっちがどうせ耐え忍ぶだろうことを前提として
相手がこっちに接してくるようになると、
最終的には耐え忍ぶことに費やすエネルギーの方が
上回ることになるかもしれないし、
その状態になってから言い争いするのに費やすエネルギーは
今の状態で言い争いするのに費やすエネルギーよりも大きいだろう事を想定すると、
今人に文句を言ったほうがエネルギー的には
得なのかもしれないかと。


要は、

長い文章は読みづらいってこと。

カモネ。
[PR]
by moriwo27 | 2005-10-17 22:53 | カモネ。

決めごとを決める

世界一難しい質問は
「なにが世界一難しい質問か?」ということであれば、
その答えは「なにが世界一難しい質問かを探ること」である。

決まりごとを決めるために決まりごとを作っていったら、
その決まりごとを決める為にも決まりごとが必要になるわけで、
決まりごとなんて結局決まらないことになる。

ガムを職場で噛んでいいか??

先日社会人の先輩方と深夜に遊ぶ機会があって
眠気ざましにガムを噛んでいたところ
上記のような話になった。

一人の先輩の職場ではガムを噛んでもいいが、
もう一人の先輩の職場では飴はよいが、ガムはダメだということだった。
飴はよくてガムはだめ???
その決まりごとはどうやって決まったのかという一線を考えてみた。

●常識的に考えて、飴は静かに食べることができるのに対して、
ガムはクチャクチャ音をならして食べる奴がいるからダメだという案がはじめに出た。
しかしその理論はチュッパチャップスによってもろくも打ち砕かれた。

●その次に、普通の飴はのど飴と区別がつかないため
のど飴を規制するわけにもいかず、例外的に認めているという案。
これはのど飴ではなく、喉ぬーるスプレーで代用が効くというので却下された。

●最後に、第一番目の案に近いのだが、
「むかつく顔の奴がガムをクチャクチャすると腹が立つから」という案がでた。
確かにそうだ。普通に仕事している奴がガムを噛んでいてもむかつかないが、
ガムを噛んでいるだけでむかつく奴が世の中には存在して、
そいつがガムを噛むことを規制したいためだけに
全員に対してガムを噛むことを規制しているという案だ。

これは結構的を得ている。

一部の心無い者が無茶することを想定して
その他大勢の行動が規制されてしまうことがある。
決め事と言うものはそうやって決められることが多く、厳しくなっていくのだろう。
そして一度でも悪い前例があると、それを盾に決め事は緩和されることが難しい。

だからお願い

阪神が日本一になっても鴨川に飛び込まないで。
鴨川まで警察官でいっぱいになってしまう。

日本シリーズ第四戦甲子園行きます。
ほんとは自慢したかっただけカモネ。
[PR]
by moriwo27 | 2005-10-15 18:19 | カモネ。
一度、その状態に陥るとなかなか抜け出せないものってたくさんある。

ポテトチップスやチョコレートなどはその類の食べものだ。
一度封を開けてしまうと、全部食べてしまうまで気がすまない。
これぐらいでやめておくのがベストなんだろうけど、ついつい手が伸びる。

まだまだあるときは、まだたくさんあるといって食べる。
残りが少なくなったら、これっぽっち残しても仕方ないと思って食べる。
結局全部食べる。


引き篭もりもそうだ。
一度引き込んでしまうと、外に出るのがおっくうになる。
しかも再び行くと周りの皆に「なんで来なかったん?」と質問攻めになる
だろうことを考えると、よけい行きたくなくなる。
完全に負のスパイラルである。


ダイビング後のシャワーもしかり。
秋口には気温・水温が低くなり、ウエットスーツを着ていても寒い。
水面に上がってからも風が厳しい日とか雨の日とかはかなりきつい。
そんな時に温水シャワーを浴びると本当に幸せな気分になる。
なんの為にダイビングをするのかと聞かれたら、
この瞬間の為にダイビングをすると答えてしまうほど至福な時だ。

ダイビング後のシャワーは本当に快適だが、
いずれかはそのシャワーを出ないといけない時がくるわけで、
そのシャワーよりももっと幸せな
服を着替えて、乾いた服を着て、おいしい晩御飯を食べる
といったものへとシフトチェンジする必要がある。

そのためには、痛みを伴う(シャワーから出てかなり寒い)
決断(シャワーから思い切って出る勇気)が必要で、
皆いずれかはそれを選ぶのだ。
早くそれを選択する人もいるし、
中にはギリギリまでシャワーにを浴びている人もいる。

なかなか抜け出せないものを抜け出す為には
あと3枚と枚数を決めてポテチを食べることや、
次に晴れた日に学校に行こうと決めることや、
シャワーの温度がぬるくなったら出ようと決めるといった
なにかのきっかけを大事にしなくてはいけないと気付いた今日この頃。

今日は珍しい。
[PR]
by moriwo27 | 2005-10-13 22:27 | カモネ。

ナマケモノは怠け者か?

じっとするのがしんどい。
さすが小学生のときに「落ち着きがない」が「頑張ろう」だっただけのことがある。
これならいっそのこと走ったほうが楽ではないかと思うほどしんどい。
これはおれだけのことなのだろうか?

先日内定式とやらに行ったのだが、
自己紹介や役員面接の際にかなりの時間待たされた。

椅子に姿勢よく座っているだけでも背筋および腰が痛い。
ましてやずっと立ったままの姿勢はなおつらい。
小学生の頃から少年野球をやっていて、立った姿勢で
見方のチームを応援すること等の機会が多かったにもかかわらず慣れない。

人間は本来動き続ける動物で、
ある姿勢を維持するのには、
動くことの数倍のエネルギーを費やす気がしてきた。

それゆえ、正座を崩さない茶道の心得がある方々や
テニスを同じ体勢で静かに観戦する人達がすごく思える。

おれにとっては、茶道よりもサッカーで動き回ることや
じっと観戦することよりも
「マ・エ・ダ  マ・エ・ダ」と負け試合なのに屈伸運動を駆使する
妙にハイテンションなカープファンの応援の方が楽に思える。


そこでだ。


ナマケモノは怠け者かという疑問が沸いてきた。
彼らは木にぶら下がるという体勢をかなり長く保ち続けることができる。

驚異的だ。

絶対に真似をすることはできないだろう。
もし仮にできたとしても、腕中が筋肉痛で次の日はぶらさがれなくなるだろう。
つまりナマケモノの真似はできないということになる。

ひょっとしたら、ナマケモノは皆が寝静まった後に、
「あー、今日もしんどかったー。ちょっと運動でもしよう。」
とか言って、走り回っているかも。
もしくは腕のストレッチをしているかも。

日中は同じ体勢を保つという筋力トレーニングをおこない、
寝静まったらストレッチとランニングをしているナマケモノは怠け者??

じゃないカモネ。
[PR]
by moriwo27 | 2005-10-11 22:42 | カモネ。

理由(ワケ)

ジャンプとか読まなくなって久しい。
あ、ちなみに少年ジャンプのこと。

その理由(ワケ)は読んでいる漫画が少ないからだ。
なんだそんな理由かと思われるかもしれないが、実際そうだ。
話が一回で完結するのは4コマと両さんぐらいだ。
読み続けている漫画があれば次も気になるが、今はそうでもない。
逆にストーリーがわからなくて面白くない。

ジャンプの漫画を読んでて気になったことは
変な読み方をする漢字が多いことだ。

「好敵手」と書いて「ライバル」と振り仮名がふってあるし
「理由」と書いている上には「わけ」と振り仮名。
「表情」は「かお」であり、
「祐介」は「あいつ」である。

これらを組み合わせると、

理由なんてないよ。表情を見たら祐介が好敵手だってことぐらいわかるから。
わけなんてないよ。かおを見たらアイツがライバルだってことぐらいわかるから。

というセリフができあがる。
他にもあるかもしれないが、今思いつくのはこんなとこ。
こんな文章は結構他にもいっぱいあるカモネ。

お宅も是非。
[PR]
by moriwo27 | 2005-10-10 21:12 | カモネ。