わるくない。


by moriwo27
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

天才の間合い

仕事をバリバリするにしても
学生でのほほんと生きる上でも共通して重要なことがある。

その一つが間合いの取り方だ。

何の間合いかというと、
チャンスをゲットできるかどうかの間合いである。

●例えば、好きな女の子がいてその女の子に告白するとしよう。
間合いの取り方のうまくない奴は毎回ミスってしまう。
もう少し待てばチャンスが広がるところであせってしまい、
逆にチャンスの時に、もうちょっと待てばチャンスが広がるのではないかと思い
時期を失う。

間合いの取り方のうまい人(一流ホスト等?)は恐らく寸分狂わぬ間合いで口説くのであろう。
(あくまでも憶測だが・・・。)

●仕事の上でもこのような決断のうまい人とそうでない人がいて、
この差はかなり大きく成功するかどうかにかかってくる。

●麻雀もしかり。
でかい手であがるのばかり狙っていては勝機を失ってしまうし、
逆に早上がりだけを目指して手をちっさくすることばかりでは得点は伸びない。
臨機応変・その場の空気をよんで対応すべきだ。


この間合いを完全につかめている人は何をやってもうまくいく気がする。
それゆえ、麻雀のめっちゃ強い人や
ホストクラブの稼ぎ頭はものすごく尊敬に値する。
おそらくそれ以外のものにもその能力は生かせるであろう。



と、ここまで書いたが
なぜこんな話をしたかというと、


最近おれは素潜りにはまっている。
「タコ獲ったどー!!」の濱口みたいに銛を持って海に潜る。
タコは簡単に獲れる。奴らはあまり逃げないからだ。


だけど魚はこうはいかない。


5mほど潜って魚の巣の前で銛を引いた状態で待ち構える。
数十秒ほどたつと魚の警戒心が解けてきて
巣の出口あたりに出てくる。

まだ間合いが遠いのでもうちょっと近くまで来たら銛を発射しよう
と思って待ち構えすぎていると、せっかく近くに来た魚は逃げてしまい、

魚が十分に近くまで寄っていないのに銛を発射してしまうと、
的中率はものすごく下がってしまう。

そんなこんなで結局ゲットできたのはメバル1匹とイシガキダイ一匹のみ。

うーん。

こんなことを人生の縮図にはしたくないのでとりあえず極めてやる!!

お宅も是非。
[PR]
by moriwo27 | 2005-07-26 00:19 | カモネ。